よくあるご質問

お客様からよくいただくご質問にお答えいたします。

機能・仕様・デザインについて

お手入れについて

機能・仕様・デザインについて

A4サイズの教科書やA4クリアファイル、A4フラットファイルは入りますか?

鞄工房山本のランドセルは、どのモデルもA4クリアファイルとA4フラットファイルの収納に対応しています。A4サイズの教科書も含めて、いずれもきれいに収納できますので、安心してお使いいただけます。

ページの先頭へ

ランドセルの重さはどのくらいですか? 革のランドセルは重いのでしょうか?

鞄工房山本のランドセルの重量は、人工皮革では約1,300g、牛革では約1,400g、コードバンでは1,450g〜1,480g程度となっております。
本革のランドセルは重いのでは……と心配される方もいらっしゃいますが、鞄工房山本では、耐久性を保ちながら軽さも両立できるようにランドセルを設計しております。そのため、実際にランドセルを手にとったり背負ったりしていただきますと、その軽さに驚かれる方も多くいらっしゃいます。
天然皮革は人工皮革に比べて繊維の密度が高いため、その分素材としての重みがありますが、鞄工房山本では耐久性に影響がない部分で革を薄く加工して軽くしたり、軽量化金具を使用したりして、少しでも軽くするための工夫をしています。
また、ランドセルの重心の位置を上部にもってくることで、ランドセルを背負ったときに、体感として実際の重量よりもさらに軽く感じられるよう設計しております。

ページの先頭へ

肩ベルトや背中など、背負いやすい工夫はされていますか?

鞄工房山本では、およそ半世紀にわたってランドセルの製造を続けてきた経験と技術を活かして、お子様が成長されても背負いやすいランドセルを製作しております。
詳しくは、「6年間安心の“つくりの良さ”」ページをご覧ください。

6年間安心の“つくりの良さ”

ページの先頭へ

フィオーレは大マチ側面に芯材が入っていないようですが、耐久性は大丈夫ですか?

「フィオーレ」のシリーズはお花のモチーフをきれいに見せるため、他のモデルのように大マチ側面に縦の芯材を入れておりませんが、耐久性は他のモデルと同等ですので、ご安心ください。
ランドセルの耐久性、つまり型崩れに対する頑丈さは、大マチ側面の上部に入れる芯材の強度で決まります。フィオーレシリーズを含めたすべてのモデルで、その部分には非常に強度の高い樹脂製の芯材を使用しておりますので、通常お使いの範囲内での型崩れはまずございません。
フィオーレシリーズ以外のモデルの大マチ側面に縦に入っている芯材は、デザインとして、大マチに段差を付けるために入れているものであり、耐久性に関わるものではございません。
詳しくは、「6年間安心の“つくりの良さ”」ページをご覧ください。

6年間安心の“つくりの良さ”

ページの先頭へ

錠前はワンタッチで開閉するオートロック錠前ですか?

2016年度からすべてオートロックの錠前を使用しております。鞄工房山本が金具メーカーと共に改良を重ねた、独自開発のワンタッチ・オートロック錠前です。
詳しくは、「6年間安心の“つくりの良さ”」ページをご覧ください。

6年間安心の“つくりの良さ”

ページの先頭へ

防犯ブザー取り付け用の金具は付いていますか?

すべてのモデルの両肩ベルトに、防犯ブザー取り付け用の金具(Dカン)を装着しております。
詳しくは、「6年間安心の“つくりの良さ”」ページをご覧ください。

6年間安心の“つくりの良さ”

ページの先頭へ

側面のナスカンは負荷がかかると外れるようになっていますか?

ランドセルの大マチ右側面に取り付けているナスカンは、15〜18kg程度の負荷がかかると自然に外れる設計になっています。 また、接合部にシリコン素材を使用することにより、外れても手で付け直して繰り返し使用することができます。
なお、鞄工房山本では、ナスカンを使わなくても十分に荷物が収納できるように、大マチ幅を広めの11.5cmで設計しております。

ページの先頭へ

「コバ塗り」とはなんですか?

鞄工房山本のランドセルの特長のひとつでもある、革の裁断面にニスを塗って磨くことで美しく仕上げる技法です。
詳しくは、「コバ塗りランドセル」ページをご覧ください。

コバ塗りランドセル

ページの先頭へ

ヘリ巻きとコバ塗りはどちらが丈夫ですか?

かぶせの仕上げ方には「ヘリ巻き」と「コバ塗り」がありますが、ランドセルとして6年間使用する上での耐久性はどちらも変わりありません。
両方ともご卒業まで実用上問題なくお使いいただけますので、見た目がお好みのものをお選びください。

ページの先頭へ

コバ塗りが剥がれてくることはありませんか?

コバ塗りのニスは丁寧に塗りと磨きを繰り返しておりますので、簡単に剥がれることはございません。
しかしながら、ランドセルはお子様が6年間お使いになるものですので、新品同様の状態でご卒業までお使いいただくことは大変難しく、ご使用状況により、ある程度の剥がれは生じてきてしまいます。
とはいえ、使い込むほどに現れるそうしたコバの表情の変化も、手間ひまかけたコバ塗りランドセルならではの特徴です。ランドセルに重ねられる傷や汚れとともに、コバの変化も含めて、お子様の成長の印であるとお考えいただけましたら幸いです。
なお、数年間お使いいただき、どうしてもコバの剥がれが目立って気になる場合は、往復分の送料をご負担のうえ当店までランドセルをお送りいただけましたら、コバの塗り直しをさせていただきます。(塗り直した場合でも、経年で再度剥がれが生じてまいります。予めご了承ください)

ページの先頭へ

ランドセルに子どもの名前を入れてもらうことはできますか?

名入れは、下記のモデルのみ承っております。

コードバン・アンティーク
コードバン・レイブラック
コードバン・グレース
オールコードバン
オールコードバン 夢こうろ染

上記以外のランドセルにつきましては、恐れ入りますが、有償であっても名入れをお受けすることができかねます。
無地のネームプレートを装備したモデルにつきましては、ネームシールなどをご用意いただき、プレート部分に貼り付けていただくことが可能です。

ページの先頭へ

ランドセルのオーダーメイド(仕様変更)をお願いすることは可能ですか?

誠に恐れ入りますが、ランドセルの仕様変更は承っておりません。
当店のランドセルは百を超えるパーツを組み合わせて製作しておりますので、細部であっても仕様の異なるランドセルが混ざると、製造の流れが変わって工房全体の生産の遅れにつながってしまいます。
一人でも多くのお子様にランドセルをお渡しできるよう、別途料金をいただきましても、仕様変更をお受けすることはできかねますので、ご了承くださいませ。

ページの先頭へ

素材について

コードバンとは何ですか?

コードバンとは、美しい光沢と堅牢さを兼ね備えた、馬のお尻の部分の革のことです。非常に緻密な繊維構造をもち、その美しさと希少性から革のダイヤモンドとも呼ばれる最高級皮革です。
その美しい光沢と驚くほど滑らかな手触りは、コードバンが革の中でも最高級の素材であるということを実感させてくれます。
詳しくは、「革・素材の特長」ページをご覧ください。

革・素材の特長

なお、コードバンは下記のモデルで使用しております。

コードバン・アンティーク
コードバン・レイブラック
コードバン・グレース
オールコードバン
オールコードバン 夢こうろ染

ページの先頭へ

デニム調のランドセルも革なのですか?

デニム調のランドセルに使用している素材も、牛革です。
牛革の表面にデニム生地を思わせる加工を施しており、通常の牛革とはまた違った魅力のある素材です。
カジュアルでありながらも上品な革の風合いは、他にはないデニム調牛革特有の仕上がりです。もちろん、本革ならではの耐久性も兼ね備えていますので、おしゃれで活発なお子様にぴったりのランドセルです。

デニム調牛革は下記のモデルで使用しております。

リベルタ
アンティークブロンズ・リベルタ

ページの先頭へ

内装の素材は何ですか?

鞄工房山本のランドセルの内装には、ポリカーボネート系の人工皮革を使用しております。布地などと比べて水や汚れに強く、お手入れのしやすい素材です。

ページの先頭へ

雨や水に濡れたときはどうなりますか? 革製品は水に弱くシミになりますか?

鞄工房山本のランドセルに使用している革には撥水加工が施されています。雨や雪に濡れても表面の水気を拭き取っていただければ、革がダメージを受けたりシミになったりすることはございません。
※エルディア(旧モデル)やリベルタの一部に使用しているヌメ革には撥水加工が施されておりませんので、ご注意ください。

ページの先頭へ

ランドセルをご覧いただける場所について

子どもにランドセルを背負わせたいのですが、どこに行けば実物を見ることができますか?

鞄工房山本のランドセルは奈良の工房で一貫して製造しており、下記直営店にてご覧いただけます。奈良本店、銀座店、表参道店のいずれかにご来店いただけましたら、実際にランドセルを背負っていただくことができます。ご来店の際にご予約は不要ですので、お気軽にお出かけください。

奈良本店へのアクセス、営業時間等については「奈良本店の紹介」ページをご覧ください。
奈良本店の紹介

銀座店へのアクセス、営業時間等については「銀座店のご紹介」ページをご覧ください。
銀座店の紹介

表参道店へのアクセス、営業時間等については「表参道店のご紹介」ページをご覧ください。
表参道店の紹介

ページの先頭へ

ご注文について

注文してからどのくらいで届きますか?

お届けの時期は、ご注文いただいた時期と、ご注文のモデルとカラーによって異なります。
当工房の生産スケジュールによって、ご注文から数週間でお届けできる場合もあれば、数カ月先までお待ちいただく場合もございます。
ご入学までには必ずお届けいたしますので、何卒ご了承くださいませ。

ページの先頭へ

いつまでに注文すれば、確実に購入できますか?

なるべく皆さまにご希望のランドセルを手にとっていただけるよう努力しておりますが、近年は販売開始からかなり早いペースで受注が進むこともあり、「この時期までのご注文であれば確実です」といった保証はできかねるというのが実情でございます。
誠に恐れ入りますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

なお、ご注文が完了したランドセルにつきましては、お子様のご入学までに必ずお届けいたしますので、どうぞご安心くださいませ。

ページの先頭へ

海外への発送は可能ですか?

大変申し訳ございませんが、当店では海外への発送を行なっておりません。
あしからずご了承くださいませ。

ページの先頭へ

修理について

ランドセルが壊れた時、修理してもらえますか?

お子様が小学校を卒業されるまでの間、ランドセルに故障が生じた場合には無償で修理いたします。できる限り迅速に対応いたしますが、日数がかかる場合には代替のランドセルをご用意いたします。ただし、故意や事故、いたずらやお友達同士のトラブル、その他誤ったご使用方法による破損に関しては、実費をご負担願います。

修理については下記ページもご参照ください。

ランドセルの修理・お手入れ

ページの先頭へ

鞄工房山本さん以外で購入したランドセルの修理はできますか?

誠に申し訳ございませんが、他社メーカー製ランドセルにつきましては、修理を承っておりません。
ランドセルは、メーカーによって素材や寸法、製法などがすべて異なります。そのため、鞄工房山本製以外のランドセルの修理を承ることはできかねます。
ランドセルの修理は、一般的には販売店よりメーカーへ修理を依頼する流れになりますので、ランドセルを購入されたお店にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

※一般バッグや小物類につきましても、同様の理由から修理は承っておりません。

ページの先頭へ

お手入れについて

どのような手入れやメンテナンスが必要ですか? 革製品はお手入れが大変ですか?

鞄工房山本のランドセルは天然皮革や人工素材を使用しておりますが、表面加工を施しておりますので特別なお手入れは一切必要ありません。
何か特別なケア用品などをお使いいただく必要はなく、雨などに濡れた場合に水気を拭き取っていただく程度のお手入れで問題ございません。もし汚れが目立つ場合などは、市販のリビング用低刺激洗剤を少量ご使用いただき、きれいな布等で拭いていただければ落ちやすくなります。また、目立たない場所で一度試し拭きをしていただくと安心です。洗剤で拭いたあとは、軽く水拭きをお願いいたします。
※「エルディア」(旧モデル)や「リベルタ」の一部に使用しておりますヌメ革につきましては、他のランドセル用の革とは異なり、牛革本来の風合いを生かしたナチュラルな革です。クリームやオイルなどのケア用品は有効ですので、必要に応じてご使用ください。なお、市販のケア用品の使用には風合いの変化を伴う場合がございますので、少量から試してご利用ください。また、「リベルタ」の場合は、本体のデニム調の革にクリームやオイルが付着しないように十分ご注意ください。

お手入れについては下記ページもご参照ください。

ランドセルの修理・お手入れ