Back

ものを大切にする心を育む丈夫なつくり

鞄工房山本のランドセルは6年間使い続けられる丈夫なつくり。
その裏にあるつくり手の思いに触れることで、
ものを大切にする心をきっと育んでいただけることでしょう。

1.改良を重ねた丈夫な芯材 2.本体をしっかりと支える「ヘリ」 3.割れ・裂けに強い メッシュ素材の 時間割表ポケット 4.外装はもちろん内装も丈夫
1.改良を重ねた丈夫な芯材 2.本体をしっかりと支える「ヘリ」 3.割れ・裂けに強い メッシュ素材の 時間割表ポケット 4.外装はもちろん内装も丈夫
  1. 1
    芯材の写真

    改良を重ねた
    丈夫な芯材

    側面の上部に強靭な天然樹脂の芯材を採用。マチ幅は12cmありますが、折れたり反ったりせず、6年間ほとんど変わらない状態を保ちます。

    • ※モデルによって芯材の形が違います。
  2. 2
    ヘリの写真

    本体をしっかりと
    支える「ヘリ」

    ランドセルの背板のヘリは、本体をしっかりと支えるだけでなく、ランドセルを机に置いたりロッカーに入れたりする際に側面や角・底部などが擦れることを防ぎます。

  3. 3
    時間割表ポケットの写真

    メッシュ素材の時間割表ポケット

    ランドセルのかぶせ(ふた)を開ける際に曲がることも多い部分のため、割れにくく裂けにくいメッシュ素材を採用しています。

  4. 4
    内装の写真

    外装はもちろん
    内装も丈夫

    鞄工房山本が使用している本革・人工皮革は、撥水・耐傷加工されているので雨の日も安心。また、内装には強度の高い素材を使用しているため、内側の収納部分も傷に強く丈夫です。

    ※No.44「リベルタ」に使用しているヌメ革は撥水いたしませんのでご注意ください。

ヘリの写真

抜群の耐久性を叶えた
「ヘリ」構造

鞄工房山本のランドセルはキューブ型やスクエア構造ではなく、十分な耐久性をもたせるためにランドセルの背板にヘリを施す製法でつくっています。6年間安心してお使いいただける頑丈な構造です。

角の処理の写真

日本の鞄職人が誇る伝統技術で、
角の処理にも手間を
惜しみません。

“キザミ”あるいは“菊寄せ”と呼ばれる技法は手間が掛かり、また高度な技術を要するため、ランドセルの品質を示すひとつの基準といえます。
鞄工房山本では、創業当時からこのキザミ技術を守りつづけてきました。革を均一に寄せ扇形にひだをつくり、角を仕上げていきます。手仕事だからこそできる美しさです。

※鞄工房山本ではキザミの工程を大切にし、一つひとつ丁寧に仕上げていますが、縫製後にキザミが均一でなくなる可能性がございます。ご了承ください。

ひだを作る作業の写真

細かなひだをつくることで品良く、そして丈夫に。