鞄工房山本のものづくり

時間をかけて、丁寧に。
三代続くランドセル作り

1949年の創業から70年。「どんな時代でも、良いものを作らなければならない」という先代の想いをつないできました。良質な素材を使い、自社工房で丁寧にランドセルを作り続けています。

我が子のためにつくった3つのランドセルの写真

のどかな奈良の工房で
心穏やかに作っています

鞄工房山本のランドセル工房は、自然あふれる奈良の山あいにあります。ゆっくりと時間が流れる、のどかで穏やかな環境。そんな場所に、鞄工房山本のランドセル工房があります。

工房がある奈良ののどかな風景の写真

革の裁断から縫製まで
責任を持って仕上げます

何百もの工程を経て完成するランドセル。作業の委託・分業が多い鞄業界ですが、鞄工房山本では革の型入れ・裁断から縫製、仕上げまでの工程を、奈良の工房で行っています。

作業をするスタッフの写真

手間をかけて、丈夫で美しく。
こだわりの手仕事「コバ塗り」

革の裁断面を磨いてニスを塗る工程を3〜4回繰り返して仕上げる「コバ塗り」。上品な色づかいと独特の艶、スタイリッシュなシルエットが、全体のデザインを引き締めてくれます。

コバ塗りを行うスタッフの写真

お子様の大切な6年間を
しっかりとサポートします

6年間、安心して毎日背負えるように。毎日元気に扱っても大丈夫なように。鞄工房山本のランドセルは、お子様の大切な6年間に寄り添います。6年間の無償修理保証があるので安心です。

ランドセルを手に持った2人のスタッフの写真

鞄工房山本のものづくりについて
詳しくはこちらをご覧ください

親から子へ、想いをつなぐ

親から子どもにつながる
ランドセルストーリー

ランドセルを手に持ったスタッフの写真

すべての工程を奈良の工房で

奈良の工房でひとつひとつ丁寧に

ランドセルのキザミ作業を行うスタッフの写真

コバ塗りについて

手作りだからできる細部へのこだわり

ランドセルのコバ塗りを行う機械の写真

ランドセルの特長

ものづくりの想いを込めたランドセル

ランドセルの写真

これまでも、これからも。
進化し続けるランドセルを目指して

ランドセルを作り続けて50年、改善・改良を重ねながら、時代に合ったランドセルを作り続けてきました。三代つないできた歴史を大切にしながら、これからもずっと進化し続けていきます。

鞄工房山本の歴史