Back

【鞄工房山本 銀座店】「ランドセルの革でブローチづくり」を開催しました!

2018.09.27 ワークショップ 銀座店

こんにちは。鞄工房山本 銀座店の森です。

夏も終わり涼しさを感じるようになってきましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか。
過ごしやすくなりいろいろな作業もはかどるこの季節、例年大好評のワークショップを開催しました。

今回は「ランドセルの革でブローチづくり」ですが、銀座店では今年度初めてのワークショップです。
我々スタッフにも久方ぶりのワークショップとなり、素材や完成見本を見ながら「ここが難しい」とか「ここはこうした方がきれいに仕上がる」などと記憶を手繰り寄せて当日を迎えました(中には創作意欲に火がつき、新たな見本をつくるスタッフも!)。

早速、今回ご参加いただいた方々はどんな作品をつくられたのか紹介していきます。

どんなブローチができるのかな?

どんな作品をつくるのかな
下書きから全力投球
まずは頭の中でどんなものをつくるかイメージし、それを絵に描いて下書きにします。
あらかじめつくるものを決めていたり素材や展示見本を見てアレンジしたり、その場のインスピレーションでひらめいたりなど自由な発想でつくるものをイメージしていきます。重要なのは自分がつくりたいものをつくることですからね。

型紙をつかってデザインを決めよう
いろいろな模様がきれいに描けるよ
スマホの画像を参考にしたり、テンプレート定規や型紙を使うと円や四角、星やハートなどの図形もきれいに描けます。図形のパターンの組み合わせ次第ですてきな模様になるので頑張って!

きれいなパーツがいっぱい
どのパーツをつかおうかな
パーツを選ぶのも皆さま真剣。ランドセルの革の色は多彩で内装用の素材の模様も豊富に用意してあり選ぶだけでもビュッフェのような楽しさがあります。
これらを作品にどう活かすか?まさに「考えるな!感じろ!」ですね。

パパの見せ場
素材の中には厚い革もあるのでハサミで切るには小さいお子さまにとって大変な作業、ここは力持ちのパパの見せ場であり誇らしげ。さすがパパです!

いっしょにつくろうね1
いっしょにつくろうね2
装飾などで小さく切ったりするのはママもお手伝い。家族で一つのものをつくるのに皆さま夢中のご様子で、パパ・ママも本当に(お子さま以上に)真剣です。

役割分担でつくろう
時にはご家族で役割分担を決めて作成することも。こうした役割分担での共同作業も「ものづくり」にはすごく重要であり、ランドセルをつくる時にも役立っているんですよ。

今度は何をつくろうかな1
今度は何をつくろうかな2
時間内に二つ作品をつくっていただけるので、一つ完成すると次は何をつくるか家族会議が再び始まったりもします。一つめと関連性があったり、新たなイメージをふくらませたりとこれまた自由につくってくださいね。

すっかり慣れてお上手1
すっかり慣れてお上手2
二つめになると皆さま慣れたもので見事な手さばきを見せてくれるお子さまも!
皆さま上達が本当に早くて我々スタッフは感心するばかり。見習いたいものです。

スタッフもお手伝い
スタッフも時にはお手伝いと称しておじゃま虫。皆さま本当に楽しそうなんでつい……。

作業風景
どちらのご家族も熱中時代・ものづくり編。夢中でつくっていると時間はあっという間に過ぎていきますが、作業も進捗して皆さま完成!
どんな作品ができたのでしょうか?皆さまのすてきな作品を紹介していきましょう。

ナンバーワンよりオンリーワン! すてきな作品が完成!

イーブイとハートをきれいにデコレーションしました
きれいにデコレーションした作品が出来上がりました!イーブイもかわいく進化していますね。作業中もニコニコ楽しそうで我々スタッフも自然とニコニコ、癒やしてもらいました。

ご兄弟で大作完成
こちらはご兄弟でご参加いただきました。お二人とも集中してすてきな作品をつくり大満足のご様子でした。アクティブなご兄弟でアイデアも豊富、それが見事に作品に活かされていますね。

仲良く完成よかったね
こちらのご兄弟もすてきな作品!仲良く作業してきれいに仕上げてくれました。優しいお兄ちゃんがさりげなく妹さんをフォローしたり、仲睦まじい兄弟愛が作品にも溢れています。

トイプードルとユニフォームが見事に完成しました
トイプードルとユニフォームが完成しました。このユニフォームは千葉ロッテマリーンズのもので親子でファンとのことです。私も千葉県民、同郷のよしみか熱いものがこみ上げてきました。

「ものづくり」ってやっぱり楽しい!

ご参加いただいた皆さまにはすてきな作品をおつくりいただき、今回のワークショップも大成功に終わりました。何より大切なのは楽しむこと、それが「ものづくり」で重要なことだと思います。
今回は三連休の中日でしたのではるばるご遠方からご参加いただいたお客さまもいらっしゃいました。
ワークショップを通じて「ものづくり」の面白さを知っていただき、ご自宅や身近な場所でもいろいろな「ものづくり」を体験されるのも楽しいと思います。

今後もさまざまな内容のワークショップを開催する予定で、来月(10月)には「ランドセルの革でハロウィンのマグネットづくり」を開催しますのでよろしければ奮ってご応募ください。
※お申し込みは9月30日締め切り、ご参加は抽選となります。

このページをシェアする

関連記事

鞄工房山本では皆様からのランドセル物語を募集しています。

鞄工房山本ではランドセルへの喜びのメッセージはもちろん、ランドセルにまつわる様々なエピソードを募集しています。下のボタンからメールでご紹介ください。
後ほど、編集部よりご連絡させて頂きます。

鞄工房山本ではランドセルへの喜びのメッセージはもちろん、ランドセルにまつわる様々なエピソードを募集しています。下のボタンからメールでご紹介ください。
後ほど、編集部よりご連絡させて頂きます。

  • これから入学されるお子さんの気持ち
  • ご入学を控えたお子さんをお持ちの親御さんの気持ち
  • おじいちゃん、おばあちゃんからお孫さんへのメッセージ
  • 小学校に通われているお子さんの気持ち
  • ランドセルの思い出 など

メールを送る