Back

【鞄工房山本 表参道店】夏の思い出日記。水族館「アクアパーク品川」へ行ってきました。

2018.08.31 ショールームから コラム

表参道店の味木です。
8月も気づけば最終日、思えば毎日暑くてエアコンに頼りっきりだった今年の夏。
ラジオでは猛暑日が多すぎて夏を超えた「烈」と呼ぶべきなのではと言っていました。
そんななんとか乗り切った今年の8月、8月が終わるということは夏休みも終わってしまいますね。
お子さまの宿題や自由研究は無事終わりましたか?絵日記はその日のうちに書けたでしょうか?
僕は小学生の頃絵日記を忘れがちで、慌てて過去の新聞で天気を調べ、何をしたか思い出しながらまとめて書いたことを覚えています……
そんなことを思い出しながら書く今回のブログは、夏の休日の思い出、水族館に行った日のことです。

7月31日(火) 晴れ アクアパーク品川に行きました。

今日もうだるような暑さに負けそうになりましたがせっかくの休日、お出かけはしたいので、室内で見た目も涼しげな水族館へ行くことに。品川駅から歩いてすぐの「アクアパーク品川」に行きました。
IMG_0229k

アトラクションとインタライブエリア

入場するとまずビックリ!巨大な海賊船のアトラクションがありました。
IMG_0234k
左右に振り子運動する海賊船に乗り絶叫しているお客さんたちを横目に先に進むと今度はメリーゴーランドが。
IMG_0246k
綺麗なLEDの光や流れる音楽の中で、イルカやタツノオトシゴに乗るお子さまの楽しそうな笑顔はキラキラ輝いていました。
アトラクションのお次はインタライブエリア。透明な液晶パネルが水槽の前にあり、
展示されているお魚の情報を液晶パネルにタッチして見る事ができる未来的な面白い水槽でした。
IMG_0251k

夏季限定!フォトジェニックな花火アクアリウム

アトリウムエリアの現在のプログラムは「金魚花火」カラフルな花火アートと金魚が夏を感じさせるエリアでした。
(「花火」をテーマに、館内のいたるところで花火アートを楽しむことがでる「花火アクアリウム」は9月9日まで!)
IMG_0255k
IMG_0264k
幻想的な雰囲気の中にあるコーラルカフェバーでは、ボトルタイプのアルコールやソフトドリンクがあるので、
バーの近くにある小さな水槽を見ながらのどを潤しているお客さんもいました。
IMG_0269k
IMG_0288k
暗闇の中をゆらゆら舞うクラゲが神秘的な「ジェリーフィッシュランブル」は、時間や季節によって音と光の演出が変わるみたいです。
IMG_0293k
「ジェリーフィッシュランブル」にはミズクラゲやシーネットル、他にもたくさんの種類のクラゲが展示されてありました。
海ではうっとおしく思ってしまうミズクラゲも芸術作品のようで、見せ方によってこんなに印象が変わるのかと驚きました。
IMG_0317k
こちらはカブトクラゲです。クラゲって種類によって多種多様な形をしているので、見ていて楽しいですよね。

2階へようこそ!たくさんの生きものがお出迎え

神秘的なエリアを後に2階へ上ると雰囲気が一変、大きな水槽が!
アートに力を入れた1階でしたが、2階ではたくさんの生きものが見られるようになっていました。
IMG_0433k
獰猛なイメージの強いサメを、多くの魚と一緒にしていて大丈夫なの?って一度は考えたことがありませんか?サメにはプランクトンを食べる種がいたり、水族館では生態などを分析し考えた上で、各水槽をバランスよく設置しているので大丈夫なんですよ~。
IMG_0455k
サメ!エイ!水族館らしくなってまいりました!熱帯魚の水槽には、もちろんこのお魚たちも。
IMG_0475k
アニメ映画でおなじみのカクレクマノミに、お子さんたちも大興奮でした。
IMG_0477k
そんな人気もの、カクレクマノミは、性転換するお魚だって知ってましたか?
生まれたてのカクレクマノミは全部オスなのですが、成長と共に集団の中で1番大きなお魚だけがメスになるんです。そして2番目に大きいお魚と夫婦になり、他のお魚はオスでもメスでもなくなります。そして1番大きかったメスと離れ離れになると、2番目に大きかったオスが今度はメスになるのだそうです。
生きものの生態って不思議ですね~。
アニメ映画ではカクレクマノミのお友達、ナンヨウハギは別の水槽でウロチョロしてました。
IMG_0513k
映画のイメージで小さなお魚と思いがちなナンヨウハギですが、成長が早く、4~8㎝の幼魚の時期は短いみたいです。成魚になると30㎝近くまで成長(というか巨大化!?)するナンヨウハギもいるというので驚きです。
映画繋がりでウミガメの写真も。
IMG_0694k
陸で生活する多くのカメとは違い、ウミガメは海で生活するためヒレがあります。僕たち人間も、環境の変化によって少しずつでもその環境に応じた発達をしているのでしょうか?

珍しい生きものがいっぱい!海中トンネル

海中トンネル「ワンダーチューブ」では東日本で唯一見られるナンヨウマンタや色んなエイのお腹まで見ることができちゃいました。
IMG_0536k
間近で見られるお魚にお子さんたちも興味津々ですね。
IMG_0560k
中でもドワーフソーフィッシュは世界で唯一の展示とのことなので必見です!

生命の神秘、透明標本

海中トンネルを抜けると一変、理科の世界、透明標本がありました。
通常の骨格標本は、生物の骨格を観察するために解剖したり乾燥させたりするのですが、小型の生き物は骨以外を取り除くのが難しいため、染色し体を透明にして骨だけ見ることができるのが透明標本です。
IMG_0577k
メダカの透明標本です。こんなに小さいのに骨がしっかりあって凄いですよね。
IMG_0578k
これはなんのお魚でしょうか?答えはアクアパーク品川に行った時のお楽しみに!

イルカ、アシカ、ペンギンといっぱい楽しめるショータイム!

そして「ザ スタジアム」ではイルカショー!
IMG_0416k
女性ボーカルグループ「Little Glee Monster」の曲に合わせてイルカたちが飛び跳ねたり水をかけてきたり!
IMG_0398k
飼育員のお姉さんを乗せて一緒にジャンプ!
IMG_0393k
大迫力のショーでした。こちらのショーは季節や、昼と夜でも演出が変わりますので、何度でも観たくなりますね!
IMG_0351k
野外に出ると、今度はアシカショーが!
IMG_0636k
ステッキやボールを器用に乗せるアシカに観客も拍手喝采です!
IMG_0650k
最後には「ニコッ」とドヤ顔を見せてくた愛嬌のあるアシカでした。笑
IMG_0657k
最後はペンギンショーです!
南極のイメージがあるペンギン、こんな猛暑日にお外に出して大丈夫なの?と心配になりますが、今回ショーで障害物競走をしてくれるケープペンギンは、元はアフリカ大陸に住む種で陸にいることも多く、
常に涼しい場所にいなくてはならないわけではないみたいです。
安心したところで、さっそく障害物競走に出走する2羽を紹介します。

IMG_0697k
右手に赤い腕輪をしたオモチくん(写真ですと左)、左にグレーの腕輪をしているのがノスケくん(右)です。
飼育員さんによると、早いときは2,3分で終わってしまうというペンギン障害物競走。
一体どんなレースを見せてくれるのでしょうか!?

いちについて、よーい……ドンッ!!!
IMG_0705k
オモチ選手がリード!ハードルを飛び越えて……
IMG_0711k
後を追うノスケ選手はよそ見をしてなんだか余裕がありそうですが、何か秘策があるのでしょうか!?
IMG_0715k
アーチをくぐり、競争も佳境に入ります!
IMG_0719k
ファンサービスも忘れない、好感度の高いノスケ選手です!
IMG_0723k
あーっと!ノスケ選手がそんなことをしている間にゴールへ駆けるオモチ選手!
IMG_0728k
紐を引っ張り、くす玉を割れば優勝です!
IMG_0733k
ゴールを目前に気がそれてしまったオモチ選手!ここぞとばかりにノスケ選手が追い上げます!
IMG_0737k
ノスケ選手が紐を銜えました!このまま引っ張って逆転優勝なるか!?
IMG_0738k
ゴール!!ノスケ選手の逆転優勝です!!
オモチ選手の後半突然の失速が勝敗を分けました。知ってか知らずか、盛り上がる展開で楽しませてくれたノスケ選手とオモチ選手を拍手で称えましょう!
IMG_0751k

昼過ぎからでもこんなに楽しめたアクアパーク品川

日記風に初めてみたものの、最後には実況になってしまいましたがいかがでしたでしょうか。
今回ご紹介した「アクアパーク品川」、僕はこの日、朝は家でのんびりして昼過ぎから入場したのですが、館内も広すぎず移動がスムーズで、ショーの数も多く、色々観ることができて大満足でした!
こちらは品川駅から歩いてすぐの場所にあり、表参道店からですとJR原宿駅から電車で約15分で品川駅に着きます。ですので、午前中に表参道店へランドセルや一般バッグ、お財布などを見てからでもしっかり楽しむことができますよ!笑
花火アートとお魚で涼を感じる「花火アクアリウム」は9月9日まで、それ以降はどのようなプログラムが観られるのでしょうか?これからも楽しみです。
鞄工房山本 表参道店
Facebook:https://www.facebook.com/yamamoto.randoseru3/
Instagram(香久山鞄店):https://www.instagram.com/kaguyamakaban/

このページをシェアする

関連記事

鞄工房山本では皆様からのランドセル物語を募集しています。

鞄工房山本ではランドセルへの喜びのメッセージはもちろん、ランドセルにまつわる様々なエピソードを募集しています。下のボタンからメールでご紹介ください。
後ほど、編集部よりご連絡させて頂きます。

鞄工房山本ではランドセルへの喜びのメッセージはもちろん、ランドセルにまつわる様々なエピソードを募集しています。下のボタンからメールでご紹介ください。
後ほど、編集部よりご連絡させて頂きます。

  • これから入学されるお子さんの気持ち
  • ご入学を控えたお子さんをお持ちの親御さんの気持ち
  • おじいちゃん、おばあちゃんからお孫さんへのメッセージ
  • 小学校に通われているお子さんの気持ち
  • ランドセルの思い出 など

メールを送る