Back

開運祈願! おすすめパワースポット「橿原神宮」

2018.10.26 奈良ガイド 観光スポット

こんにちは。
奈良本店の示野です。

10月も下旬に入り、こちら奈良県でも外の風景や気候がすっかり秋らしくなりました。朝晩と日中の気温差が大きく体調管理が難しい季節の変わり目、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
今回のブログでは、秋の行楽シーズンにもおすすめの、橿原市のおでかけスポットをご紹介いたします。

鞄工房山本奈良本店から車で約10分のところにある「橿原(かしはら)神宮」。約16万坪という広い敷地(東京ドーム約11個分)に、約8万本の木々が生い茂る自然豊かな神社です。

平和と幸せを願い、創建から120余年

大きな外拝殿

橿原神宮の御祭神は、日本の初代天皇である神武(じんむ)天皇と、皇后である媛蹈韛五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)です。

社殿が建つのは、今から2600年ほど前に神武天皇が即位されたといわれている畝傍山(うねびやま)の東南麓。畝傍山は、鞄工房山本のすぐそばにある天の香具山や、美しい円錐形が特長の耳成山とともに、古くから「大和三山」と呼ばれて親しまれている山です。

入り口にある立派な一の鳥居から手水舎のある南神門前まで続く参道の両側には、大きな橿の木々が立ち並びます。

木陰が気持ち良い参道

たくさんの木々が生み出す澄んだ空気で満ちた木陰道。ふと見上げると、よく晴れた空の透き通るような青色がとっても爽やかでした。

参拝客でにぎわう南神門広場

今回私が訪れた日は、土曜日の午前中。10月中旬ということもあり、「七五三詣り」に来られているご家族がたくさんいらっしゃいました。かわいらしい着物姿で嬉しそうに駆けまわるお子さまから福をいただいたような気分で、外拝殿へ参拝に向かいます。

授与所と外拝殿干支が描かれた大きな絵馬

外拝殿にはいつも、その年の干支が描かれた大きな絵馬が飾られています。外拝殿の奥には内拝殿があり、さらにその奥には幣殿と本殿があります。この日は外拝殿より奥には入れませんでしたが、年末年始や祭典・行事のときなどには、外拝殿と内拝殿の間の庭が開放され、内拝殿へ参拝できることもあります。

内拝殿

そして、なんと、私が参拝したちょうどその時間帯に、内拝殿では結婚式が行われていました!
七五三と結婚式。秋晴れの下、たくさんの明るい色と笑顔があふれ、境内は華やかな雰囲気で彩られていました。

広い神宮内でのんびり、ゆったり

橿原神宮では、桜や藤、睡蓮や菖蒲、さざんかなど、四季折々のお花を楽しむこともできます。もう少し日が経つと、紅葉の見頃を迎えるそうです。紅葉狩りの予定を考えていらっしゃる方は、橿原神宮も候補に入れてみてはいかがでしょうか。

とても大きな深田池池の畔で鴨に餌やりをするご家族

こちらは参道を突き当たりまで進み、左に行くとすぐに見えてくる「深田池」です。池には遊歩道が整備されており、向こう岸まで歩いていくことができます。空が映る静かな水面を、鴨の親子が仲良く泳ぎ、見渡す限り穏やかな風景が広がっていました。

明治時代の創建以降、たくさんの人々の手によって拡張整備や植栽が行われ続け、現在の姿となった橿原神宮。
美しく重厚感のある社殿には神聖な雰囲気を感じますが、広々とした境内や周りに広がる森のなかは開放的で、気軽に立ち寄って参拝できるような親しみやすさも感じます。

森の中

敷地内をゆっくりとお散歩をするだけでも、大人の方にとっては気分転換ができ、お子さま方にとっては自然のなかで元気いっぱいのびのびと過ごせる時間になるのではないでしょうか。

一年間に行われるお祭りや行事は30以上!

当日、橿原神宮の神苑内では「橿原夢の森フェスティバル」が開催されていました。「全市民が主体性を持って参画する」という基本理念のもと、橿原青年会議所と橿原市が中心となって毎年10月に開催され、今年で17回目を迎えた橿原市のにぎやかな秋祭りです。

戦うルパンレンジャー

イベント広場の中央にある特設ステージでは、さまざまな団体によるショーやダンスコンテストが行われます。午前中のステージで一際大きく盛り上がっていたのは、大人気のヒーローショー! 力を合わせて戦うヒーローたちに、小さいお子さまたちは夢中になって声援を送っていました。

にぎわう飲食店エリア

地元の飲食店やフードカーをはじめ、橿原市の姉妹都市である宮崎市からも多数の飲食店が出店していて、お昼時はとくに大にぎわい! 人気のお店には長い行列ができていました。

人気のふわふわ

「こどもひろば」というエリアには、中で飛び跳ねて遊べる「ふわふわ」や射的、ボールすくい、乗馬体験、サッカーボウリング(地元のサッカークラブのプロ選手がスタッフとして参加されていました! )など、お子さまが楽しめるアトラクションがもりだくさんでした。

ポニーとふれあうお子さまたちボールすくいに夢中のお子さまたち

「夢の森フェスティバル」は毎年10月に行われており、入場は無料です。椅子やテラスがたくさん設置されているほか、緑あふれる森を散策できるため、小さいお子さまや、おじいさまやおばあさまも安心して一緒に楽しめるお祭りだと思います。毎年開催の時期が近づくと、公式のWebサイトFacebookにお知らせが掲載されますので、今後もし機会がございましたら、ぜひお越しくださいませ。

また、橿原神宮近くの大きな野球場や陸上競技場では、県大会の決勝戦などの大きな試合が行われることも多く、周辺一帯は季節ごとににぎわいをみせます。
橿原神宮内でも、「神武天皇祭」や「献燈祭」、「書き初め大会」など、季節にあわせたお祭りや行事が一年を通して行われるため、祭事の時期にあわせて訪れてみるとより楽しめるかもしれません。

心も体もリフレッシュ!

南神門

親しみやすさとともに静謐な雰囲気も感じられる橿原神宮は、橿原市の身近なパワースポットといえるかもしれません。
皆さまも、「日本のはじまり」ともいわれる場所で、社殿や森に満ちたパワーを感じながら思い切り深呼吸をして、リフレッシュしてみてはいかがでしょうか。
季節ごとに変わる参拝時間(日の出から日没まで)や、境内マップ、交通アクセスなどの詳細はWebサイトにてご確認くださいませ。

橿原神宮(かしはらじんぐう)
〒634-8550
奈良県橿原市久米町934
TEL:0744-22-3271

このページをシェアする

関連記事

鞄工房山本では皆様からのランドセル物語を募集しています。

鞄工房山本ではランドセルへの喜びのメッセージはもちろん、ランドセルにまつわる様々なエピソードを募集しています。下のボタンからメールでご紹介ください。
後ほど、編集部よりご連絡させて頂きます。

鞄工房山本ではランドセルへの喜びのメッセージはもちろん、ランドセルにまつわる様々なエピソードを募集しています。下のボタンからメールでご紹介ください。
後ほど、編集部よりご連絡させて頂きます。

  • これから入学されるお子さんの気持ち
  • ご入学を控えたお子さんをお持ちの親御さんの気持ち
  • おじいちゃん、おばあちゃんからお孫さんへのメッセージ
  • 小学校に通われているお子さんの気持ち
  • ランドセルの思い出 など

メールを送る