お子さま連れの方も安心「自然な暮らし commu+cafe コリコック」|ランドセルの鞄工房山本
Back

お子さま連れの方も安心「自然な暮らし commu+cafe コリコック」

2017.11.07 奈良ガイド グルメ探訪

鞄工房山本 奈良本店から車で15分ほどのところにある「自然な暮らし commu+cafe コリコック」さん。
「コリコック」というのはスウェーデン語で、人が森に入るときの合言葉。森の自然全体や木々の妖精などにむけて「おじゃまします」という気持ちを表す言葉です。
まるでお友達のおうちに遊びにきたような、訪れた人がほっと一息つける、やさしい空気に包まれたカフェです。
 
04Nov_2こちらのカフェを運営しているのは、「森のようちえん ウィズ・ナチュラ」さん。奈良県の自然豊かな里山をフィールドに、自主性を育みながら、自然との共生を実践的に楽しく学ぶ幼児教育を行っている団体です。
 

「子育て中のお母さんたちが気軽に集える場所をつくりたい」
古民家を改装し、今年の3月にオープン

今回私たちは、カフェ担当の福田さんにお話をお伺いしました。
04Nov_3小さい頃から食べることが好きだった福田さん。以前も料理・飲食関係の仕事をされていましたが、森のようちえんのスタッフに誘われ、「自分がようちえんのなかでできることは何かと考えたときに、やっぱり料理や食育かなと思って」、活動に加わることになりました。
しかし、森のようちえんは保護者であるお母さんたちとの共同運営。活動資金が十分にあるとはいえません。そんな中、少しでも森のようちえんの運営の助けになればということで、小さいお子さま連れでも気兼ねなく過ごせるカフェをつくろうという案が上がり、2017年3月「自然な暮らし commu+cafe コリコック」がオープンしました。福田さんは現在、主にカフェのキッチンやホール、メニューづくりなど運営の全般を担当されています。
「カフェをオープンするにあたって、色んな空き家を探していたんです。このお店の大家さんは向かいの民宿の方なんですが、すごく気さくに『使っていいよ~』とおっしゃってくれて、その優しい人柄に惹かれて」。
親切なご近所さんがいて、隣近所に家が密集していない、豊かな自然に囲まれたこの場所は、子どもたちにとっても過ごしやすい環境です。クラウドファンディングで資金を募り、改修作業はスタッフや知り合いの方々のみで行いました。
04Nov_4色とりどりの小さなタイルが可愛い玄関の壁や床、柔らかい色の木地に木目が映える本棚、オリジナルキャラクターのぬいぐるみやドライフラワーの飾りつけ……。ついつい長居してしまいそうな居心地の良さは、たくさんの人の想いがこもった手づくりの空間だからこそかもしれません。
 

余計なものは使わない
子どもにも大人にも、安心で優しい味

04Nov_5多種多様な野菜が採れる自然豊かな明日香地域だからこそ、なるべく地元のものを使うことを意識されているという福田さん。
「親子で集ってもらえる場所なので、余計なものは使っていません。オーガニックで、調味料も本物を。みんなに安心して食べてもらえるようにということはいつも考えています」。
自然栽培をされている農家の方々ともご縁があり、採りたての野菜を鮮度が落ちないうちに仕入れられるのも、この場所ならではの魅力のひとつだそう。
 
ランチメニューの「週替わりプレート」には、季節に合った旬の食材が登場します。
04Nov_6この日のメニューで目を引いたのは、秋が旬の真菰(まこも)のきんぴら。真菰とは、九州でよく栽培されている、たけのこのような食感のイネ科の野菜です。福田さんによると、「真菰には浄化作用があって、水を綺麗にしてくれるので、田んぼでお米と一緒に育てる方もいらっしゃいます」とのこと。
きんぴらの真菰はくせがなく、甘辛い味付けがよくなじんでいて、ご飯がすすみます。かぼちゃとれんこんを玉ねぎで挟んだ重ね揚げや煮物、お味噌汁に明日香村産米の白ご飯、どれも美味しくいただきました。
素朴なようで、実は手が込んでいて栄養たっぷりの美味しいご飯は、懐かしくて優しいお母さんの味。皆さんも、どこかにありそうでない、そんなカフェとご飯で、身も心も満たされてみてはいかがでしょうか。
 

これからのコリコック
子育て前のお母さんや、観光でお越しの方へむけて

04Nov_7コリコックでは、週に2回ほど親子やお母さん向けのイベントが開催されています。トークカフェやカメラ教室、造形教室など、内容はさまざま。講師は森のようちえんの保護者やスタッフ、知り合いの方というアットホームなイベントです。託児担当のスタッフがいたり、子どもたちに目が届くようイベントに合わせて店内の環境を変えたりと、お子さま連れでも安心して参加できるようになっています。
「個人的にどんなイベントをやってみたいですか?」との質問に、「お母さん向けの講座を充実させて、例えば、出産前後のこととか助産とか、お母さんが何か子育ての前から学べるようなものがあればいいな」と言ってほほえむ福田さん。森のようちえんやコリコックは、「自分にできることややりたいことにチャレンジできる場所」だといいます。
 
04Nov_11
04Nov_8西国三十三所の一つに数えられるお寺「岡寺」の参道にあるコリコックには、観光客の方がふらっと立ち寄られることもあるそう。「参道をのぼって岡寺へたどり着くまでに、ちょっとお茶を飲んで休憩できるようなところが少ないらしくて。そういう方々にも一息ついていただけるよう、ドリンクやスイーツのメニューも充実させていきたいですね」。
 
あたたかい雰囲気に包まれたコリコックで過ごす、癒やしの時間。
「お子さんを連れて安心して来られる場所で、料理を出せる嬉しさ」と「美味しかったよというお声を直接聞けること」がやりがいだという福田さんが、ぱっと明るい、太陽のような笑顔で迎えてくれます。
皆さまもお近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。
04Nov_9
自然な暮らし commu+cafe コリコック
◆住所:奈良県高市郡明日香村村岡968-1
◆TEL:090-4493-6474(担当:福田さん)
◆営業時間(季節によって変動あり):11:30~17:00
◆定休日:月曜日(月曜日以外も不定休でお休みになることがあります)

このページをシェアする

関連記事

鞄工房山本では皆様からのランドセル物語を募集しています。

鞄工房山本ではランドセルへの喜びのメッセージはもちろん、ランドセルにまつわる様々なエピソードを募集しています。下のボタンからメールでご紹介ください。
後ほど、編集部よりご連絡させて頂きます。

鞄工房山本ではランドセルへの喜びのメッセージはもちろん、ランドセルにまつわる様々なエピソードを募集しています。下のボタンからメールでご紹介ください。
後ほど、編集部よりご連絡させて頂きます。

  • これから入学されるお子さんの気持ち
  • ご入学を控えたお子さんをお持ちの親御さんの気持ち
  • おじいちゃん、おばあちゃんからお孫さんへのメッセージ
  • 小学校に通われているお子さんの気持ち
  • ランドセルの思い出 など

メールを送る