Back

ランドセルの『A4クリアファイル対応』『A4フラットファイル対応』は、何がどう違うの?

2016.01.01 お買い物の前に

ランドセルを選んでいる時に、「A4クリアファイル対応」「A4フラットファイル対応」といった表示を見かけることがありますよね。

どっちがいいの?
なにが違うの?

と、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回は、ランドセルに対応しているA4ファイルの違い、注意点、選び方などをご紹介します。

ファイルの種類

A4ファイルは、学校で配布されるプリントを保管をしたり、ご自宅に持ち帰る時に使用します。

使用するファイルは、

  • A4クリアファイル
  • A4フラットファイル

の2種類があります。

A4クリアファイルとは

シートが2枚に重なっている透明のファイルのことですね。
A4クリアファイルの一般的な横幅は、22cmです。

A4フラットファイルとは

パンチで2つ穴をあけて閉じることができる、紙ファイルのことです。
A4フラットファイルの一般的な横幅は、23cm です。

クリアファイルより、フラットファイルの方が一回り大きいですね。
「A4クリアファイル対応」「A4フラットファイル対応」という表示で、どちらのファイルに対応しているかわかります。

ランドセルのサイズについて

ランドセルの内寸で、対応可能なファイルが決まります。

鞄工房山本のランドセルの場合、横幅の内寸は、23.3cmです。
A4フラットファイルの収納には、十分に対応しています。

一般的なランドセルのサイズは?

主流は2パターンです。

  • A4クリアファイルに対応した、22cm~22.5cm
  • A4フラットファイルに対応した、23cm~23.5cm

数年前のモデルだど、A4クリアファイルに対応していないランドセルもありますが、最近では、A4クリアファイル以上に対応しているランドセルが一般的です。

それぞれの注意点は?

A4クリアファイル対応の場合

  • A4フラットファイルを無理に入れると曲がってしまう
  • A4フラットファイルを持ち帰る時は、手提げかばんが必要

A4フラットファイル対応の場合

  • ランドセル自体が大きく、重くなる
  • ランドセルが大きくなると、ロッカーにしまう時に他の用具の収納スペースが少なくなる

どちらを選べばいいの?

どちらがいいかは、学校での使用頻度によります。

学校によっては、どちらのファイルもまったく使用しない場合もあります。
フラットファイルは、毎日持ち帰らずに、学校で保管用として使用するケースが多いようです。
逆に、毎日持ち帰るという学校もあるそうです。
使用状況は、通学する小学校にお問い合わせをしていただくと確実ですね。

A4フラットファイルにSサイズもあります

「気に入ったランドセルが、フラットファイルに対応していない…」
「すでにクリアファイル対応ランドセルを購入してしまった…」
という方に朗報です。

探してみたら、横幅が23cm以下のファイルが販売されていましたのでご紹介します。

ガバットファイル – コクヨ
ガバットファイル – ガバットファイルシリーズ – コクヨS&T

コクヨから発売されている、ガバットファイル(A4-S)は、横幅が22cmです。
背表紙が伸びるため、開閉部分が通常のファイルとは異なります。価格は少し高めです。
楽天やAmazonなどでも購入できます。

 

実際に入るかどうかは、ランドセルを購入される前に、試していただくと安心ですね。

また、ランドセル選びには、A4ファイルの対応以外にも、背負いやすさ、耐久性、重さ、機能性など、様々なポイントがありますので、合わせてご検討ください。

下記のページで、鞄工房山本のランドセルの特徴をご紹介しています。ランドセル選びの参考にぜひご覧ください。

鞄工房山本製ランドセルの特長 | ランドセルの鞄工房山本

関連記事

鞄工房山本では皆様からのランドセル物語を募集しています。

鞄工房山本ではランドセルへの喜びのメッセージはもちろん、ランドセルにまつわる様々なエピソードを募集しています。下のボタンからメールでご紹介ください。
後ほど、編集部よりご連絡させて頂きます。

鞄工房山本ではランドセルへの喜びのメッセージはもちろん、ランドセルにまつわる様々なエピソードを募集しています。下のボタンからメールでご紹介ください。
後ほど、編集部よりご連絡させて頂きます。

  • これから入学されるお子さんの気持ち
  • ご入学を控えたお子さんをお持ちの親御さんの気持ち
  • おじいちゃん、おばあちゃんからお孫さんへのメッセージ
  • 小学校に通われているお子さんの気持ち
  • ランドセルの思い出 など

メールを送る