Back

鞄工房山本が選ばれる理由

鞄工房山本が選ばれる理由

いつもお子様のそばにいて、
ともに6年間を過ごすランドセル。
大切なパートナーとして、
鞄工房山本はこれまで
多くのご家族から支持されてきました。
人気を集める5つのポイントを
ご紹介します。

POINT 01

好き!と出会える、
豊富な
「カラーバリエーション」

「お気に入りのランドセルで楽しく学校へ通ってほしい」。
そんなご家族の思いに応える、幅広いカラーがそろいます。
長く愛されてきた定番カラーから個性的な色、
2色づかいのコンビカラーまで表情豊かなラインナップです。

  • モスグリーン

  • アップル
    グリーン

  • ワイン

  • キャメル

  • ラベンダー

  • オレンジ

  • アースブルー

  • マリンブルー

  • ハーバーブルー

  • ローズピンク

  • チェリーピンク

  • パウダーピンク

  • デニム調・黒

  • デニム調・紺

華やかな色から深みの
あるトーンまで。人工皮革・牛革は18色。

定番の黒と赤をはじめ、人気のピンク系はローズピンク、チェリーピンク、パウンダーピンクもラインナップ。落ち着いた雰囲気がお好みなら、紺、ワイン、モスグリーンもおすすめです。上品な色調のワインやキャメルなどは「今までこんな色には出合えなかった」と一目惚れで決められる方もいらっしゃいます。人工皮革・牛革ののバリエーションは選りすぐりの18色。洗練されたカラーが、お子様のまいにちを豊かに彩ります。

  • モスグリーン

  • ワイン

  • キャメル

  • ローズピンク

コードバンは8色。ここでしか
出合えない貴重な色も。

美しい光沢をたたえる最高級素材コードバン(馬革)。定番カラーに加え、ローズピンクやモスグリーン、キャメル、茶、ワインなど多彩にそろえました。さらに、「夢こうろ染」という古来の染め技法を取り入れた特別仕様も。光によって色が鮮やかに変化し、室内と太陽の下では異なる色合いに見えます。コードバンのカラーがこれほど充実しているのは鞄工房山本ならでは。上質な全8色から、一生に一度のランドセルをお子様へ。

カラーコーディネートを
楽しめる2色づかいも人気。

ランドセルの色づかいも鞄工房山本の特徴です。たとえば、2色の革を使ったモデル。ベースのカラーと、かぶせの縁や前締めベルトのカラーを変えてあり、色のコンビネーションを楽しめます。また、定番の黒に、ブルーや赤の縁取りやステッチでアクセントを効かせたモデルもおしゃれです。シンプルさのなかにキラリとオリジナリティーが輝く、ひと味違う個性をお楽しみください。

POINT 03

外から力がかかっても
型崩れしにくい「丈夫さ」

小学生は好奇心旺盛。活発に動くので、
ランドセルには丈夫さが必要です。
側面は改良を重ねた天然樹脂の芯材で補強し、
ゆがみや変形を抑えています。
内部の素材には軽くて強度が高い素材を使用。
6年間ほぼ変わらない形を保ちます。

側面に強い芯材を使い、
耐久性をアップ。

型崩れする主な原因は側面にあります。この部分が折れないようにしっかりと補強すると、ゆがんだりつぶれたりしにくくなります。鞄工房山本では側面の上部に、試行錯誤の末にたどりついた最適な芯材を採用しています。強靭な樹脂製の芯材で、ランドセルの優れた耐久性を実現しました。

衝撃を受けやすい
角やヘリはより丁寧に。

机やロッカーにこすれることが多いのが側面や角、底面です。背板のまわりは「ヘリ」をつくり、ものが直接当たらないよう本体を守る構造にしています。底面の角には「キザミ」という伝統技法で9つの細かなひだをつくり、丸みを帯びさせました。長くご愛用いただきたいという思いをこめ、丁寧なつくりで丈夫に仕上げています。

丈夫な肩ベルトで、
アクティブな動きをサポート。

背負ったとき、特に力がかかるのは肩ベルトの付け根です。鞄工房山本ではここを太い糸で補強し、鋲でしっかりと留めることで強度を確保しています。また、肩ベルトには特に丈夫な部位を使用。表も裏もつなぎ合わせることなくつくっているため抜群の強さです。

POINT 04

こすれてもきずがつきにくい、
安心の「耐傷性」

使っているうちにこすったり
引っかいたりした場合の備えもかかせません。
鞄工房山本ではランドセルに
表面加工を施すことで、きずから守っています。
同時に、高い耐水性を持ち、雨にも強さを発揮します。

表面を加工し、きずに強く。

牛革、コードバン(馬革)、人工皮革それぞれの素材に合わせたコーティングを施し、耐傷性を高めています。まいにち使っているうちにこすれたり引っかいたりしても、深いきずになりにくいのが特徴です。特別なメンテナンスも必要なく、6年間ご愛用いただけます。

水をはじき、濡れてもお手入れ簡単。

革は過度な水分が苦手なため、水をはじく撥水加工をきちんとしているかどうかで状態に違いが出てきます。鞄工房山本のランドセルは雨にも備えているので心配いりません。濡れても水滴を拭くだけで、しみやダメージを抑えることができます。雨の日も晴れの日もいつも安心してお使いください。
(一部のモデルで使用しているヌメ革は素材の特性上、表面加工を施しておりません)

収納部分にも、
きずや汚れから守る心配り。

ランドセルの内装には、軽くて強度が高い素材を使用しています。ノートや教科書をまいにち出し入れして、こすれる収納部分だからこそ、きずに強く丈夫なことを大切にしました。

活発に動き回っても
安心なつくりの良さ。

長く使うものだから快適さも大切な要素です。背中が当たる部分には、硬さの違う2種類のウレタン素材を使って深い凹凸をつくりました。体にやさしくフィットして、腰と背中にかかる負担をやわらげます。また、金具でけがをしないような設計や、暗い道で光を反射する反射テープの装備など、安全面にも考慮しています。

POINT 05

ご希望に合わせて選べる、
高品質な「素材」

軽さ、耐久性、風合いなど、
ランドセルに求める優先順位はさまざまです。
使っている素材は、厳選した牛革、
コードバン(馬革)、人工皮革という3種類。
それぞれの特性を生かしたモデルから、
6年間のパートナーを見つけていただけます。

コードバンのなかでも
最高級品質のものを。

天然皮革のなかでも希少で、ランドセルの素材となる革に仕上げるまで約10カ月もの時間を要するコードバン。「革のダイヤモンド」とも呼ばれ、宝石を思わせる美しい光沢となめらかな手ざわりで知られています。しなやかさと高い耐久性はそのままに、さらに表面に撥水・耐傷加工を施すことで、機能性をより向上させています。

牛革は耐久性が高く、
上質な風合い。

本革ならではのやわらかな質感と高い耐久性を持ち、使うほどに味わいが深まっていく牛革。鞄工房山本では、一枚ずつ微妙に異なる革の状態や性質を見極めながら、ランドセルのどの部分にどの向きで使うかを決め、確かな技術で一つひとつ丁寧に仕上げています。革の表面は撥水加工がしてあるので、雨の日も安心です。

人工皮革は雨やきずに強く、軽さが特長。

牛革と見分けがつかないほどの風合いと強さを備えた人工皮革。軽さでも支持されている素材です。鞄工房山本にはマットで落ち着いた仕上がりで、多彩なカラーの人工皮革のランドセルがそろっています。革の表面加工が、きずへの強さを発揮。雨の日も安心で、お手入れも簡単です。