ランドセルの起源と名前の由来に迫る|ランドセルの鞄工房山本
Back

ランドセルの起源と名前の由来に迫る

2015.01.01 ランドセルの今昔

ランドセルという名前の語源は「ランセル (RANSEL)」というオランダ語がなまったとされている。そのランセルとは背嚢(はいのう)。現代人はあまり使わない言葉かもしれない。布で出来たバックパックのようなものだが、形は四角。

ランドセルの起源

ランドセルは、元々は軍隊で使用する用途であった。

ransel_comp

国立国会図書館 提供


なぜオランダ語?というと、日本に西洋式の軍隊方式がやってきたのが江戸時代末期であり、鎖国中の日本が交易を持っていた西洋の国といえば、オランダだったわけだ。
明治になってからは、この軍隊で使われた背嚢は革製も登場しだした。
子どもたちはまだまだ風呂敷に教科書を包んで登校していた時代。
ただし、学習院では初等科へ通う子どもが徒歩通学になった明治18年から背嚢を通学用に使用しだした。
明治20年になると、当時の内閣総理大臣、伊藤博文が後の大正天皇、当時の皇太子が学習院初等科へ入学するお祝いに、革製・箱形のかばんを献上した事を契機に、都市部の富裕層の間では革製の背嚢が使われるようになっていった。
そう、これがランドセルの原型、と呼ばれているもので、その学校名から「学習院型ランドセル」と今は呼ばれている。
学校法人 学習院 提供

学校法人 学習院 提供

では、それ以外はどうしていたか、と言うと、まだまだ風呂敷や布製の肩掛けかばん等が主流であったという。
RIKEN_VITAMIN
“RIKEN VITAMIN” by 不明 – JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A06031060400、写真週報9号(国立公文書館). Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ – http://commons.wikimedia.org/wiki/File:RIKEN_VITAMIN.png#mediaviewer/File:RIKEN_VITAMIN.png
なぜこの形なのか。
両手の自由が効きくから、というのが理由のようだ。そんな時代が長らく続いていった。

このページをシェアする

関連記事

鞄工房山本では皆様からのランドセル物語を募集しています。

鞄工房山本ではランドセルへの喜びのメッセージはもちろん、ランドセルにまつわる様々なエピソードを募集しています。下のボタンからメールでご紹介ください。
後ほど、編集部よりご連絡させて頂きます。

鞄工房山本ではランドセルへの喜びのメッセージはもちろん、ランドセルにまつわる様々なエピソードを募集しています。下のボタンからメールでご紹介ください。
後ほど、編集部よりご連絡させて頂きます。

  • これから入学されるお子さんの気持ち
  • ご入学を控えたお子さんをお持ちの親御さんの気持ち
  • おじいちゃん、おばあちゃんからお孫さんへのメッセージ
  • 小学校に通われているお子さんの気持ち
  • ランドセルの思い出 など

メールを送る