Back

樹齢400年! クスノキの枝打ちを行いました

2017.02.08 ショールームから コラム

鞄工房山本のランドセル工房横に立つクスノキ。
樹齢400年のクスノキは、高い空からいつも私たちを見守ってくれています。
先日、そんなクスノキの枝打ちが行われました。
樹齢400年ともなると、幹はもちろん、枝もかなりの太さです。
そのままにしておくと、枝が折れて落下した際に非情に危険なので、4、5年に一度植木屋さんに枝を落としていただいているのです。
はしごではなく、クレーンを使って枝に近づき……、
08Feb2017_5
慎重に枝を伐り……、
08Feb2017_6
ワイヤーで枝を地面に下ろしていきます。
08Feb2017_7
ほぼ1日かけ、クスノキの枝打ちが終わりました。
08Feb2017_8
伐った枝の一部を使って、植木屋さんにこんなものを作っていただきました。
08Feb2017_4
08Feb2017_3
クスノキのテーブルとイスです!
08Feb2017_9
作業をされている間、あたりにはクスノキの爽やかな香りが漂っていました。
テーブルセットの横に立つのは桜の木。
4月には桜の木の下でお昼ごはんを楽しむスタッフの姿が見られることでしょう。
工房見学にお越しの際は、樹齢400年のクスノキと、そこから生まれたテーブルセットもご覧いただければと思います。
そして、ぜひ腰掛けて、400年前の風景を想像してみてくださいね!

このページをシェアする

関連記事

鞄工房山本では皆様からのランドセル物語を募集しています。

鞄工房山本ではランドセルへの喜びのメッセージはもちろん、ランドセルにまつわる様々なエピソードを募集しています。下のボタンからメールでご紹介ください。
後ほど、編集部よりご連絡させて頂きます。

鞄工房山本ではランドセルへの喜びのメッセージはもちろん、ランドセルにまつわる様々なエピソードを募集しています。下のボタンからメールでご紹介ください。
後ほど、編集部よりご連絡させて頂きます。

  • これから入学されるお子さんの気持ち
  • ご入学を控えたお子さんをお持ちの親御さんの気持ち
  • おじいちゃん、おばあちゃんからお孫さんへのメッセージ
  • 小学校に通われているお子さんの気持ち
  • ランドセルの思い出 など

メールを送る